* 19112011

タオル・ファブリック 心折られた赤と白

以前紹介したSCOPEさんの「ハウスタオル」の記事で、「もうおれは、この青いタオルしか買わん!」って豪語してたんですけどね。。。今回リリースの同じハウスタオルのシリーズ、この冬限定の赤と白・・・TOPページにババーン!って出た瞬間にやられましたね。紹介ページもよかった。心が折れるまでにさほど時間はかかりませんでしたよ。

デザインは最近マリメッコでも仕事をされているOTTAIPNUの鈴木マサルさん。いつもブログを拝見させていただいてますが、たぶんこの方、無邪気。いい。 11111801.jpg
今回は自宅用にフェイスタオルの赤と白を1枚ずつ購入。バスタオルも赤と白で、こちらはヨメさんの兄夫婦に献上。いつも世話になってるんで。日本が誇る今治ブランドのタオル、その中でもぼくがイチオシの吉井タオルさんの、SCOPEさんの渾身のタオル。気に入ってもらえるとうれしいんですが。。。
11111802.jpg

これからもどんどん増えてくることが予想される我が家のタオルですが、衣替えみたいに季節によって使うタオルを替えてみるのはどうだろうと考えてます。例えば春ならグリーン系、夏はブルー、秋はブラウンとかオレンジ系で、冬は今回みたいな赤と白。タオルって毎日見るものだから季節ごとにタオルのテーマカラーを変えてみる、それだけでも気分が変わるんじゃなかろうかと。今後 新色を出すときはそんなことも意識しながら出していってくれないかなー、SCOPEさん。

house towel 2011 Winter Limited
ブランド:from Scope Apertment
デザイン:鈴木マサル [OTTAIPNU] ワダケンジ [デザインの研究所]
製造:吉井タオル
購入ショップ:SCOPE
http://www.scope.ne.jp/from_scope_apartment/house_towel/2011win/



* 17112011

タオル・ファブリック 冬のひつじひん

11111703.jpg
11月もそろそろ後半戦。いよいよ寒くなってきました。ECOLA スロー、2年目のシーズン到来です。あいかわらずの暖かさです。
11111702.jpg

100%ピュアウールを使用したECOLA。完全手作業&製造過程でケミカルなものを一切使用してないので、かすかに動物のかおりやワラみたいな異物が残っているなど、なかなかのワイルドなつくり。肌触りに関してはブランケットや膝掛けはわからないですが、このスローには多少チクチク感があります。慣れればそんなに気にならないけど。ま、あくまでもぼくの場合。

用途は主にブログ書いたり勉強したりするときの膝掛けに使ったり、羽織ったり。んでから、ソファにゴロってなるときは上掛けとして。寝るときは敷き布団と身体の間に挟むような感じでも使います。今までこういうの(ブランケットの類)は掛け布団と重ねて使うもんだと思ってましたが、下でもいいんですね。いや、むしろ下に敷いたほうが暖かい気がします。 11111701.jpg

このECOLAで気づきましたが季節ものにお気に入りがあるっていいですね。寒い季節も暑い季節も億劫になりがちですけど、使うのが楽しみになるような季節限定モノがあれば、今年もきたなー!さあ、出すぞーって、なんかそこで少しテンションナップします。ほんの一瞬ですけど。

ECOLA スロー Mサイズ
ブランド:ECOLA
購入ショップ:SCOPE
http://www.scope.ne.jp/ecola/throw/

* 11112011

日記 隠れ家的なとこで男飲み。

仕事後、ぼくの数少ない友人の一人、Kさんとうまい野菜が食べられる居酒屋へ飲みに行きました。 静かな住宅街にひっそりとたたずむ、文字通り隠れ家的な場所にあるこのお店、場所もさることながら店内もしっとりした落ち着いた大人の雰囲気でええ感じ。使う和食器がさりげなく飾るように置いてあるのもかっこいい。

11111101.jpg 11111102.jpg 生麩の田楽。

11111103.jpg 刺し身盛り

11111104.jpg 焼き黒枝豆。

11111105.jpg きのこの朴葉味噌焼き

どれも素直においしいと思えるいい素材を使った料理。お酒も適度に飲んで友人との話もはずみ(主に海外話)充実のひとときを過ごしました。お土産にトマト味噌なるお土産もいただき満足。明日からまた気をひきしめて頑張ろ。がんばれ!
23:59 | Comment(4) | 日記

* 02112011

日記 新宿伊勢丹バンザイ

トーキョー出張。ビッグサイトで催されているインテリアの展示会へに行ってきました。 IMG_3533.jpg 毎回のことながら昼前について夕方帰るという強行スケジュール。まあ、いいんですけど。いつもそんなに目新しいものがあるわけでもなくて、時間持て余して何往復もしてるくらいだから。

でも今回の展示、おもいのほかよかったです。うちのような縁の遠い質の高いものが多かったので仕事的な収穫はあんまりだったんですが、個人的にはおもしろかった。

仕事そっちのけで楽しんだZE!

いや、ちゃんと見るべきものはみたし、お取引先様に挨拶もしましたYo!でも心は密かにニュースタンダードだったわけですよ。

カリモクニュースタンダード。http://www.karimoku-newstandard.jp/

PILE(http://www.karimoku-newstandard.jp/#/pile/)なんかいいですよねー。昨日急にテレビを買うことになったんですが、その台 にいいんじゃないかなーって。いいなーパレット。まあ却下ですけどね、ヒャクパー。

カリモクと一緒に展示してあったスピンングライトもやっぱかっこよかったなー。白がええな。 http://cibone.com/products/d190

・・・いや、ちゃんと仕事はしましたって!



夕方、京都へ帰る前に新宿伊勢丹へ。

個人的に気になっていた「ISETAN LIVING DESIGNTIDE TOKYO 2011」に行きました。

IMG_3536.jpg

お目当てのLOVE CHAIR COLLECTION。 フィンランドのAntti Kotilainenさんという人がデザインした椅子に国内外のいろんなデザイナーさんがそれぞれアートを施したものを展示・販売しているんですがどれも個性的で見応え十分。その中でもぼくはKlaus Haapaniemi王子、鈴木マサルさん、鹿児島 睦の作品がよかった。ええ、かわいい動物モチーフのがスキなんですよ。見た目はいかついですが心はピュアですから、わたし。玄関にあの椅子を置いたらどんなに素敵だろう・・・なんて考えると欲しくなってきます。年末ジャンボに夢を託す。

椅子以外にコーフンしたのがヘイニ・リータフフタさんのアートピースコーナー。一点もののすんごいかわいい食器や オブジェがずらり勢揃い。欲しくてもとても手を出せる金額じゃなかったので買わなかったですが見れただけでもえがった〜。

他にもSCOPEさんで販売されてて気になって いたぼくらのKlaus王子のスローオランダのデザイ ナー、ヘラ・ヨンゲリウスさんの動物をお皿にのせたオブジェなんかもみれて大満足の新宿伊勢丹でした。ありがとう新宿イセタ〜 ン!

毎回いうけど、やっぱトーキョーはおもしろいわ。
23:59 | Comment(0) | 日記

* 24102011

お酒 肉とボム

11102203.jpg
土曜日、実家でひさしぶりに焼き肉を食べました。肉は京都では有名なお肉屋さん「弘」で。スーパー以外のちゃんとした肉屋さんであまり肉を買ったことがないので「弘の肉」がどのくらいすごいのかはわかりませんが、とりあえず「弘」の肉はうまい。すげーやわらかいし、とってもジュースィー。そしてなにより脂がうまい。間違いなくええ肉でした。
11102204.jpg 11102201.jpgアメリカ ワシントン州のブーン・ブーン・シラー 11102202.jpg裏のラベルもかっちょいいです。

肉を買うついでに、先日ワイン会を開くきっかけになった「ワイングロッサリー」にも寄ってワインも1本購入してました。というわけで肉を食いながら第二回ワイン会も開催。今回のワインは完全にジャケ買い。初めて見たときから気になってたんですよね、このワインっぽくない感じのラベル。聞くところによるとこのワインを作ってる方はロッカーなんだだそうで。・・どうりで。

味はというと、相変わらずわかったようなコメントすらできないですが、弟とヨメさん、そしてぼく、口を揃えてでたのが「イモ」。なんとなくイモのような味だったんです。ぶどうなのに。。。なので鉄板で焼いていたジャガ芋とすごく相性がよかったです。イモ羊羹にも合うに違いない!って、イモだからって安易。

11102205.jpg

シメは一個110円の卵と龍の瞳(飛騨の米)の超贅沢たまごかけご飯でフィニッシュ。ごちそさん。


23:56 | Comment(2) | お酒
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。