* 25032012

タオル・ファブリック 華のあるフロシキ

またまた、久しぶりになってしまったブログ更新。そして気づけば外は春。花粉症も真っ盛りです。

そんな春、おろそかにしていたのはブログの更新だけで、生活のほうはしっかりやっとりますですよ。特に目立ったことはしてないですけど。地味に生きています。

そんなわけでぼくの生活に華やかさはありませんが、先日、すごく魅力的な華をみつけました。
12032501.jpg
ヘイニ・リータフフタ デザインの風呂敷。大胆な柄と色使いに一目惚れしました。

風呂敷って使ったことないし、実用性には欠けるかもと思ったから、購入を迷ったんですが、スカーフとして使ってもいいですよというステキな売り文句でビビーンときた。是非、スカーフで。ヨメさんへのプレゼントとして。

フロシキ、スカーフ以外にもテーブルクロスにしてもいいし、壁に飾ってもよさげ。華のあるやつってのは何やらせてもよくみえるんですね。うらやましい。。。
12032503.jpg

Dora-yellow
ブランド:KOTONOWA
デザイン: Heini Riitahuhta
購入ショップ:Plus-NERIYAKANAYA
http://www.neriya.net/?pid=37745148



* 08032012

洋食器 素朴な刺激

2種類の食器を買いました。 デザインは「スクラップウッドファニチャー」を手がけるオランダ人デザイナー、知る人ぞ知るピート・ヘイン・イーク。 前にこのブログで紹介した”ステキツボ”のデザイナーさんであり、ぼくが好きなデザイナーさんの一人。
12022401.jpg この食器、一見シンプルなんですが、厚み(約6mm)と角ばったエッジ、褪せたような素朴なカラーリングとか、 ちょっと歪な形なんかもデザインの一部と捉えれば、すごく個性的で刺激的。 男子が好みそうな素朴なカッコよさを感じます。
厚みがある分、重いので日常的に使うお皿としての性能は、他のものに少し劣るかもしれないけど、 見た目がカッチョよくて食事を楽しくさせてくれるという面においては優れた食器だと。 まあ、あくまでもぼくの趣味・趣向の中での話なんですがね。
12022402.jpg 12022403.jpg 12022405.jpg

今回購入したのは22.5cmプレートとスーププレート。 いつも食器を選ぶ時は、料理との相性をイメージして決めるようにしてるんですが、今回のスーププレートに関しては 盛り付ける料理のイメージが全然わきませんでした。そもそも水色っていうのがあんまり食器のイメージとしてないもんで。

でもこの色がシリーズのバリエーションの中では一番ピート・ヘイン・イークっぽさが出ているような気がしたんですよね。だから最悪失敗しても、自分の好きなデザイナーのものだからいいやという、AKBを想うファンのような気持ちで購入を決めました。

クリーム色のプレートの方はブルーに失敗しても涙を流さないようにするための保険。

でもこのスーププレート、ヨメさんもすごく気に入ってくれて、 よく使ってくれています。煮込み料理とかパスタとか、盛りつけてみると意外に いろんな料理にマッチング、まいっちんぐしてくれます。 これはうれしい予想GUY!

もちろんクリーミークリーム色のお皿の方も使えます。こちらは生ハムとか、ワインのおつまみ系と合わせようというしっかりしたイメージを持って買いました。未だやってませんが。
でもこの間、ヨメさんがこの皿に京都でいうところの「おばんざい」的な料理を3種類 少しずつ盛りつけたのがすごくカッコよかった。 12022406.jpg すごいぞピート!すごいぞヨメさん!! 12022404.jpg

FAT crockery PLATE
ブランド:Fairtrade Original
デザイン:PIET HEIN EEK
購入ショップ:esprit
http://item.rakuten.co.jp/esprit-store/e034/

* 02032012

お酒 肉のお供にイスラエル

こないだの日曜日、実家で久しぶりに焼き肉を食べました。京都ではわりと有名なミートショップ ヒロってお肉屋さんでガサッと肉を買い込んでちょっと贅沢な家焼き肉。今年に入ってから2回、風邪をひいたりなんかして焼き肉を食べるチャンスを逃してたので、今回はこころゆくまで堪能できてよかったよかった。めでたしめでたし。。。

今回の焼き肉のお供は姉がもらってきたワイン。赤と白がありましたが今回は赤で。
品種はピノ・ノワール。けっこうよく飲む葡萄でしたけど(って、なんかエラそーにいってますけどワインを飲む時はよく選ぶという意味です・汗)、でも産地がちょっとめずらしい。
12030101.JPG 12030102.JPG
赤のラベルは英語ですけど、白のラベルの下を見ると見慣れない文字。
12030104.JPG 裏側のラベル・・・ヘブライ語っすか?「TISHBI」でググってみたら、どうやらイスラエルのワインらしかったっす。おー!すげー!イスラエルってワイン造るんだみたいな的な感じ。感じぃ?ちょっとナタリーにきいてみよう。

味。甘いのを予想してたんだけど、辛口だったことにもちょっとビックリしてみたり。イスラエルのワインなんて普段飲むことがないので辛くてもあま〜い気分で飲めました(全然うまくない)。ヨメさんには不評だったけどね。ぼくはあんまり口に合わなくてもノリでおいしくいけちゃうタイプ。次回は白。どんな味がするのやら。。。これまた楽しみ。

12030103.JPG そういえば、肝心の肉の写真がなかったですね。撮り忘れちゃった、テヘペロ。酒のつまみにと同じ肉屋で買った「天肉の薫製」はバッチリ撮ったんですけどねぇ。。。これはうまかったですよ。もちろん主役の肉も。
00:03 | Comment(2) | お酒

* 20022012

タオル・ファブリック こっちむいて!タッタタラララ!

キャラものは買わないって、結婚前に誓ったはずなのに。
30代も半ばにさしかかったうぉれがぁ!今ぁ!まさにぃ!ここでぇ!
・・・ムーミンに出会うとは誰が想像しえたであろうか。 12021905.jpg
自身のブランド、OTTAIPNUや最近ではマリメッコでも活躍中のテキスタイルデザイナー、鈴木マサル氏によるムーミンのハンカチを買いました。WEBでデザインが公開された時にその絵柄に、そして実物を間近で見た時に線と配色にホレマシタ。すごくぼくちん好み。
12021901.jpg 12021904.jpg

このシリーズはご本人いわく「凄まじく良い出来」なんだそうで、ぼくはその辺素人だから何がどうなってるからサイコーなんだ!ヒョゥッ!!ってことはわからないんですが、僕自身感じたことは発色がすごく気持ちいいってこと。そしてハンカチのさわり心地も気持ちいい。

絵柄は全6種(各柄2色)の中から「にょろにょろの種 イエロー」と「ひと休み グリーン」をチョイス。どちらもWEBの方でパッと見てかわいいと思ったもの。でも実物をみたら、それぞれに個性があるからひと通り揃えてもいいくらい。イフ、わたしが金持ちだったならば。

現在、とりあえず弁当を包む用にと、先日購入した同氏デザインのハンカチと交互に使っていますが、額に入れて展示してあるのをみて、こういうのもいいなぁと改めて思いました。まあこのハンカチにいいサイズの額ってのがないんですけどね。作りたい。イフ、わたしが金持ちだったならば。

12021903.jpg 12021902.jpg
ちなみにムーミンがカバじゃなくてトロールだってこと、知ってましたか?ぼくは知ってましたよ。当然でしょう(ドヤ)。

MOOMIN TRIBUTE WORKS ハンカチ
デザイン:MASARU SUZUKI [OTTAIPNU]
購入ショップ:FIQ
http://www.fiq-online.com/main/item_view_uni.html?sn=124

* 19022012

日記 みよしたべよし

12021801.jpg
昨日、我が一族の食べログといわれている(ウソ)我が弟くんが祇園みよしやのみたらしを持って遊びにきた。 http://r.tabelog.com/kyoto/A2603/A260301/26002185/ 12021802.jpg 夜からの営業っていうちょっと変わった団子屋さん。炭火で焼いた香ばしい団子に、甘過ぎずちょっとあっさり、だけどねっとりなタレがよく絡み付いて美味しい。きなこをつけるかどうかを選べるらしいですがヨメの一声で「ナシ」に。息子もがっつり食べてました。

12021803.jpg 大人食い!

最近、精神的ストレスによる疲労感がけっこうキツいんですが、いや、まぢで。こういうときも甘いものっていいんですかね。疲労回復には糖分がいいっていうじゃないですか。これって肉体疲労だけなのかな?まあ、ググったらすぐわかりそうだけどめんどくさいからどっちでもいいか。へへへん。
23:13 | Comment(0) | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。