* 24102011

お酒 肉とボム

11102203.jpg
土曜日、実家でひさしぶりに焼き肉を食べました。肉は京都では有名なお肉屋さん「弘」で。スーパー以外のちゃんとした肉屋さんであまり肉を買ったことがないので「弘の肉」がどのくらいすごいのかはわかりませんが、とりあえず「弘」の肉はうまい。すげーやわらかいし、とってもジュースィー。そしてなにより脂がうまい。間違いなくええ肉でした。
11102204.jpg 11102201.jpgアメリカ ワシントン州のブーン・ブーン・シラー 11102202.jpg裏のラベルもかっちょいいです。

肉を買うついでに、先日ワイン会を開くきっかけになった「ワイングロッサリー」にも寄ってワインも1本購入してました。というわけで肉を食いながら第二回ワイン会も開催。今回のワインは完全にジャケ買い。初めて見たときから気になってたんですよね、このワインっぽくない感じのラベル。聞くところによるとこのワインを作ってる方はロッカーなんだだそうで。・・どうりで。

味はというと、相変わらずわかったようなコメントすらできないですが、弟とヨメさん、そしてぼく、口を揃えてでたのが「イモ」。なんとなくイモのような味だったんです。ぶどうなのに。。。なので鉄板で焼いていたジャガ芋とすごく相性がよかったです。イモ羊羹にも合うに違いない!って、イモだからって安易。

11102205.jpg

シメは一個110円の卵と龍の瞳(飛騨の米)の超贅沢たまごかけご飯でフィニッシュ。ごちそさん。




23:56 | Comment(2) | お酒

* 19102011

ステーショナリー アクリル、ルールルル

先日、東京へ行ったときに嫁さんに半年遅れの誕生日プレゼントを買ってもらいました。FREITAGのバッグともうひとつ、このカードケース。
11101602.jpg
アクリル製のカードケースで色の組み合わせがとてもきれい。4種類あるバリエーションからぼくはグリーンをチョイスしました。 11101601.jpg 買う前に少し触って使い勝手はそんなによくないなーと思ったんですが、ぼくの職業柄、名刺を渡す回数もそんなに多くないし、名刺がなかなかでないという理由で命まではとるまいとの気持ちからあまり深く考えずに購入を決断。見た目だけで買ったといっても過言ではありません。でも、それでいいのだ。

sonoiro カードケース
ブランド:studio note
デザイン:寺山紀彦
購入ショップ:CIBONE 青山
http://cibone.com/products/d359?c=400

* 18102011

ガラス食器 スペインで出会った時から惚れてた

11101702.jpg
マドリッドのバルでの一枚。懐かしい写真。若かりし僕が手に持っているのはちょっと横サイズの大きなグラスに注がれた赤ワイン。あれから7年くらい経ったのかな・・・?ずいぶんと時間が経過してしまいましたが、数ヶ月前に某インテリア雑誌でこのグラスを見かけてこの光景がパッと頭をよぎりました。あまり見たことない形のグラスになみなみつがれたワインが衝撃的だったのですぐに思い出しました。そしてこれと同じようなサイズのグラスがほしくなりました。
11101701.jpg
BORMIOLI ROCCO社のボデガ。背が低くて横のサイズが少し大きめなのが特徴のグラスです。このグラスはもともとデュラレックスでつくっていたのを親会社であるボルミオリロッコ社が引継ぎ、生産しているそうです。デュラレックスと言えば耐熱。これもちろん耐熱仕様なので食洗機や電子レンジオッケー。背が低いのでヨーグルトやアイスクリームをいれる器にするのもいいですね。いいと思います。何より安いのがいいです。一個¥300程度でこの汎用性の高さは買いです。
11101704.jpg 我が家での用途はもっぱらワイン用。ステムのついたザ・ワイングラスもいいんだけど、すんごいダラ〜ッと気軽な感覚で飲みたいときは ボデガで飲むのが断然いい。コーヒーをコーヒーカップじゃなくてマグで飲むような感じ。ん?ちがうか??でも特別感がないからすごく使いやすい。iittalaのカルティオもワインを飲むのに良いグラスだと思っているけど、こっちのほうが自分に合ってるような気がします。
11101703.jpg それにしても冒頭の写真。生ハム・・・でかいなぁ。

ボデガ(220cc)
ブランド:BORMIOLI ROCCO
購入ショップ:食喜屋
http://item.rakuten.co.jp/shokki/508839/#508839

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。